メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球 戦後初、早慶戦が最終日以外に リーグ戦8月10日開幕

明治神宮野球場=曽根田和久撮影

 東京六大学野球連盟は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、8月10日開幕に延期した春季リーグの日程を発表した。1試合総当たり制で、戦後初めて早慶戦を最終日に行わない。史上初めて延長タイブレークも導入する。

 通常のリーグ戦は毎週土日を中心に開催しているが、今回は10~17日の連日、試合を組んだ。1チーム3連戦を避けるため調整したところ、早慶戦を15日に組み込むことになったという。タイブレークは延…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです