メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球 戦後初、早慶戦が最終日以外に リーグ戦8月10日開幕

明治神宮野球場=曽根田和久撮影

[PR]

 東京六大学野球連盟は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、8月10日開幕に延期した春季リーグの日程を発表した。1試合総当たり制で、戦後初めて早慶戦を最終日に行わない。史上初めて延長タイブレークも導入する。

 通常のリーグ戦は毎週土日を中心に開催しているが、今回は10~17日の連日、試合を組んだ。1チーム3連戦を避けるため調整したところ、早慶戦を15日に組み込むことになったという。タイブレークは延長十回から無死一、二塁で行う。

 観客の有無は未定だが、応援団による応援は実施しない。課外活動が解禁されていない東大は井手峻監督が取材に応じ「選手は個別に練習して準備している。大学の許可が開幕ぎりぎりにずれこんだとしてもリーグには参加したい」と語った。【岸本悠】

東京六大学野球春季リーグ戦日程

【8月】

 10日 東大―慶大、明大―早大

 11日 東大―法大、明大―立大

 12日 立大―慶大、早大―法大

 13日 慶大―明大、早大―東大

 14日 法大―明大、立大―東大

 15日 慶大―早大

 16日 法大―慶大、早大―立大

 17日 立大―法大、明大―東大

※試合開始は11時(1試合日は13時)。左側が先攻で三塁側。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです