メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染増で連携強化 保健所設置の4市、県と対策議論 初協議会 /埼玉

連携強化を確認した(左から)高橋努・越谷市長、川合善明・川越市長、大野元裕知事、清水勇人さいたま市長、奥ノ木信夫・川口市長=埼玉県庁で

 接待を伴う飲食店など「夜の街」に関連した感染者が県内でも増加傾向にあることを受け、大野元裕知事と、保健所を設置している4市の市長が10日、県庁で感染対策を議論する協議会を初めて開いた。県と4市は、情報共有やPCR検査態勢などで連携を強化する共同宣言を発表した。

 協議会は大野知事と、さいたま▽川口▽川越▽越谷--の4市長が集まり、非公開で行われた。5人は終了後に記者会見し、大野知事は「市によって状況は違うが、…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです