メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巣ごもり術・ウチの場合

バブリーたまみさんに聞く 子育て中のママにエール 他人と比べず自分を大事に /東京

レコーディングスタジオで歌うバブリーたまみさん=東京都内で2020年5月、幾島健太郎撮影

 巣ごもりで母子が一緒にいる時間も長くなりがちです。ママたちのエンターテイナー、バブリーたまみさん(31)は、SNSや歌手活動を通じて、子育てに奮闘する女性にエールを送り続けています。番外編として1児の母でもあるたまみさんに孤立しがちな母子のあり方を聞きました。【聞き手・真田祐里】

 ――SNSなどで子育てを赤裸々に発信しています。

 昔は、私もSNSで「いいお母さん」アピールをしていました。子育ては評価されないので、SNSでの「いいね」の数が評価基準でした。ある日、息子が保育園からの帰り道、水たまりの中で遊んで、言うことを聞いてくれないことがありました。汚れるし、夕飯の準備もあるし……。早く帰りたい。でも息子は全然動いてくれません。その時、初めてSNSで弱音を吐きました。「もうやだ。やってらんない」。すごい反響がありました。…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです