メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/95 米騒動と京都 水平社創立の歴史的必然性 /京都

 コロナ禍によって、高校野球の「春のセンバツ」に続いて「夏の甲子園」も中止になりました。夏の大会が初めて中止になったのは、1918年の第4回大会(当時は、全国中等学校優勝野球大会)で、為政者を震撼(しんかん)させた「米騒動」による社会情勢の不安定が原因でした(その後は戦局の悪化に伴い1941年から45年まで中止)。ここでは高校野球ではなく、米騒動の歴史的な意味を京都の地から問い返してみたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2028文字(全文2230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. NHK、スリム化必須 「受信料、義務化し値下げを」 高市早苗前総務相が寄稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです