メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/534 東高野街道/30 /大阪

銅板ぶきの安岡正篤旧宅=東大阪市善根寺町1で2020年4月6日午後3時16分、松井宏員撮影

 ◆東大阪市

 神武東征にまつわる旧跡や地名を、河内の地形の変遷とともに見てきた。ここで善根寺町まで戻る。どんだけ歩みがのろいのか。といっても、訪ねる場所が多いのだから仕方がない。

 確かこの辺のはずやけど……と住宅街をうろうろしてやっと見付けたのは「安岡正篤(まさひろ)旧宅」。三方を民家に囲まれているから、なかなか見つからなかった。

 年配の方なら聞いたことがある名前だろう。人名辞典を引けば、陽明学者で思想家とあるが、それよりは歴代首相の指南役、日本の黒幕といった方が通りがいい。終戦時の玉音放送の草稿に手を入れ、「平成」の考案者ともいわれる。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです