メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

「道の駅大和路へぐり」新所長 中山悟さん(67) 「競争と連携」で地域活性 /奈良

休業中に改装したレストランの前で笑顔を見せる中山さん=平群町で2020年7月3日午前10時46分、熊谷仁志撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊張感が高まる4月、平群町の「道の駅大和路へぐり」の所長に就任した。4月29日から約2週間、施設の全面閉鎖を余儀なくされたが、レストランが7月1日、約2カ月半ぶりに再開し、ほぼ通常営業に戻った。「これからどんどん新しい取り組みをしたい」と意気込む。

 県職員として、観光振興に長く携わった。2010年の「平城遷都1300年祭」では、町内の信貴山でのオープニングイベントを手がけた。町職員とも親交を深め、今回の所長就任につながった。

 地元の食材が味わえ、人気のレストランは休業中に改装。座敷をなくして床や壁を張り替え、広く感じられる空間にした。利用者ニーズに応え、施設の開業時間を30分早め、午前8時半に変更した。「大和牛」など奈良ブランドの商品の取り扱いを増やし、23日からは、奈良生まれのイチゴ「古都華」のかき氷の販売も始める。知識や経験、培った人脈をフルに生かし、早くも次々と手を打つ。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです