メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嘉麻市で「すかぶら忌」 山田高の同級生ら、つかこうへいさんしのぶ /福岡

つかさんの山田高時代の写真を前に焼香する池田さん

 嘉麻市(旧嘉穂町)出身で作家や演出家として活躍した、つかこうへいさん(1948~2010年)をしのぶ「すかぶら忌」が命日の10日、つかさんの両親の遺骨がある同市の善照寺であった。「つかこうへいと筑豊研究会」が主催した。【荒木俊雄】

 つかさんは在日韓国人2世として生まれた。子供のころから西洋文学や哲学書に親しみ、新聞部長を務めた県立山田高(07年閉校)ではコラム「反逆児」を執筆。浪人して慶応大に進むが中退し、劇団を設立して数々の名舞台を手がける一方、映画化もされた小説「蒲田行進…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 大阪で新たに381人感染 300人超5日連続 累計2万人超え 新型コロナ

  4. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです