メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 演劇公演、再スタート 北九州芸術劇場、入場者数半数に制限 /福岡

左右と前後を1席ずつ空けて実施されている「キネマの神様」の舞台公演

 北九州芸術劇場(小倉北区室町1)で、劇団「青年劇場」による「キネマの神様」が11日まで上演されている。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言解除後、北九州市立の公共ホールでは初の演劇公演の再開となった。

 危機にひんした街の映画館を救おうと奮闘する人々を描いた原田マハさん原作の人情喜劇で、演劇鑑賞団体「北九州市民劇場」(会員数4200人)の7月例会。カーテンコールでは連日、主演の吉村直…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです