メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「リモマ」とは何かと思ったら…

[PR]

 「リモマ」とは何かと思ったら、「リモートマッチ」の略という。サッカーJリーグ、バスケのBリーグなどが「無観客試合」に代えて採用したカタカナ語で、サポーターは「リモーター」なのだそうな▲罰で行われる無観客試合との違いを表すリモートマッチである。ちなみに無観客試合は英語では「マッチ・ビハインド・クローズド・ドアーズ」、閉ざされた扉の向こうの試合と呼ばれる。その閉じた扉が久しぶりにきのう開かれた▲イベントの開催制限緩和の政府方針に沿い、最大5000人まで観客を入れたプロ野球公式戦とJリーグが始まった。ジェット風船禁止、手メガホンや大声の声援禁止など、応援も「新ノーマル」ながらファンにはうれしかったろう▲だが、おりしも東京での新型コロナ感染者は連日最多記録を更新し、感染拡大の懸念がさらに広がった。事前のシナリオ通りに進められる感染防止規制の緩和が何ともちぐはぐに見えるのも当然で、かえって行政への不信がつのろう▲今は若年層が多く重症者の少ない感染者だが、すでに半数近くは感染経路不明だ。余裕があるといわれる医療現場からも先行きの逼迫(ひっぱく)への不安の声が上がる。しかし行政からは依然「夜の街」対策しか聞こえてこないのがいぶかしい▲検査・隔離・医療体制の飛躍的強化、納得いく行政のリスクコミュニケーションはウィズコロナ社会の経済再生の大前提のはずなのに、このありさまが情けない。閉じた扉の向こうで今まで何をやっていたのか。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです