メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

今ごろ? いまだに?=青野由利

 <do-ki>

 なんで今ごろ?と思ったのは私だけだろうか。新型コロナウイルスの感染経路について、世界の専門家239人が連名で公表した書簡が反響を呼んでいる。

 タイトルは「エアボーン感染に取り組む時」。エアボーン感染を単に空気感染と訳すと誤解を招きそうだが、要は、飛沫(ひまつ)から発生するごく小さな粒子が空気中を数メートル浮遊し、感染することがあるので、室内では外気を取り入れる換気が重要、という内容だ。

 定例記者会見で質問を受けた世界保健機関(WHO)も「注目し精査している」と答えている。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです