メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

減らぬ障害者施設での虐待

入所者19人が殺害された津久井やまゆり園。事件の初公判前の月命日には、献花台に花がささげられていた=相模原市緑区で昨年12月26日、中村紬葵撮影

 障害者施設の職員による虐待事案が相次いでいる。4年前に入所者ら45人が殺傷された事件が起きた神奈川県立津久井やまゆり園でも今年、職員による虐待の疑いが指摘され、第三者による検証が行われている。植松聖死刑囚(30)の裁判の判決では、植松死刑囚が「重度障害者は不要な存在」と考えることにつながった背景として、職員による入所者への不適切なふるまいなどがあったと指摘された。やまゆり園の事例をもとに、施設の支援のあり方を考える。

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文1667文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、毎日小学生新聞、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。日本新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです