メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官、2カ月ぶりにアイヌ文様マスク 文化施設の開業記念式典で

アイヌ文様のマスクを着用し、アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の展示を見学する菅義偉官房長官(中央)=2020年7月11日午後1時48分、秋山信一撮影

 菅義偉官房長官は11日、北海道白老町を訪れ、アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の開業記念式典に出席した。約2カ月ぶりにアイヌ文様のマスクを着用した菅氏は式典のあいさつで「アイヌの方々が民族としての名誉と尊厳を保持し、次世代に継承していくことは多様な価値観が共生し、活力ある共生社会を実現…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです