メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルガリアとクロアチア、ユーロ導入手続き 23年にも加盟か

 ドイツ・フランクフルトの欧州中央銀行本部=8日(ロイター=共同)

[PR]

 欧州中央銀行(ECB)は10日、欧州連合(EU)の単一通貨ユーロの導入に向け、ブルガリアとクロアチアが条件となる仕組み「為替相場メカニズム」に参加することが決まったと発表した。2023年にも加盟が実現するとみられる。ユーロ加盟で信用力を高める狙いだ。多くの条件を満たす必要があり、手続きは難航する可能性もある。

 1999年に誕生したユーロはリトアニアが15年に導入したのを最後に、現在の加盟国は19カ国となっている。

 EU欧州委員会は両国の手続き入りを歓迎している。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです