メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア越境支援、中露また拒否 物資搬入停止で人道危機に現実味 安保理

 10日、シリア北西部イドリブ県で、ロシアと中国が国連安全保障理事会で、シリアへの人道支援に拒否権を行使したことに抗議する人々(ゲッティ=共同)

 国連安全保障理事会は10日、内戦下のシリアに同国政府の許可なしで人道支援物資を隣国から越境搬入する事業について「トルコとの国境2カ所からの搬入を半年間継続」とした決議案を否決した。常任理事国のロシアと中国が7日に続き拒否権を再度行使した。10日は越境支援の期限で、物資の搬入停止による人道危機が現実…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです