特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

隅田川花火をバーチャルで スカイツリー照明で再現「楽しさ思い出して」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜空を彩る隅田川花火大会の花火=東京都台東区・墨田区境界の蔵前橋で2019年7月27日午後8時28分、小川昌宏撮影
夜空を彩る隅田川花火大会の花火=東京都台東区・墨田区境界の蔵前橋で2019年7月27日午後8時28分、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスの影響で中止された下町の夏の風物詩、隅田川花火大会が予定されていた11日から、照明や映像を駆使して花火の雰囲気を楽しむ「バーチャル花火」が行われる。全国区の知名度を誇る花火大会の中止を惜しみ、来年以降の再開を心待ちにする人たちの声に応える形で企画された。【長屋美乃里】

 花火大会は例年7月の最終土曜日に実施され、約95万人が隅田川周辺に集まる。今年は東京五輪の開催を前提に2週間早めたが、新型コロナの感染拡大で4月に中止が決まった。天候以外の理由による中止は初めてだ。

 バーチャル花火の舞台は、東京スカイツリーと商業施設などを含む墨田区の「東京スカイツリータウン」。「少しでも花火大会の雰囲気や楽しさを思い出してもらえれば」(関係者)と企画した。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文869文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集