「働く意味」とは…経営者、公務員、記者が語り合う 香川大の学生ら企画

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「働く」をテーマに語り合う(左から)浜谷栄彦さん、真鍋康正さん、寺西康博さん=高松市の瓦町フラッグで2020年7月9日午後7時55分、金志尚撮影
「働く」をテーマに語り合う(左から)浜谷栄彦さん、真鍋康正さん、寺西康博さん=高松市の瓦町フラッグで2020年7月9日午後7時55分、金志尚撮影

 いつか誰もが直面する「働く」をテーマにしたトークセッションが9日夜、高松市の瓦町フラッグであった。高松琴平電気鉄道(ことでん)社長の真鍋康正さん(43)、四国財務局徳島財務事務所の寺西康博さん(34)、共同通信高松支局記者の浜谷栄彦(しげひこ)さん(45)が参加。働くことの意味とは何か、都会と地方の働き方の違いは――。経営者、公務員、ジャーナリストと全く異なる分野の3人が語り合い、働くことの本質に迫ろうと試みた。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1552文字)

あわせて読みたい

ニュース特集