メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

 東京都豊島区東池袋の都道で2019年4月、高齢者が運転する乗用車が暴走し、12人が死傷した事故を受け、区は現場近くの区立公園に慰霊碑を設け、11日に除幕式を開いた。慰霊碑は花のつぼみをイメージして造られたセラミック製の白い球体(高さ1・6メートル)で、妻の真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)を亡くした松永拓也さん(33)の願いでもある「事故ゼロ」の思いが込められた。

 慰霊碑の設置は、事故の風化を防止し、交通事故を根絶しようとの願いを込めて区が発案した。設置場所は「日出町第二公園」(豊島区東池袋4)の一角。松永さんは事故から約1カ月間、何も手に着かない状態でほぼ毎日、この公園に通った。元々慰霊碑の場所にあったベンチに座り、献花に訪れる人に目を向けながら「この先どうやって生きていこう」「どうやったら事故は減らせるのだろう」と思いを巡らせたという。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです