メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異変のシグナル

「眠れない」「吐き気」増加する原因不明の不調 「低周波音」との因果関係は

身近で発生する音の周波数

 身の回りにある機械や車などから発生する「低周波音」。人の耳には聞こえにくい音だが、不眠や吐き気など体の不調の原因になっていると訴える人が増えている。健康への影響はあるのだろうか。【岩崎歩】

隣家の給湯器の音に悩む

 「ずーん」という低音や振動から逃れる避難先を求めて、転々としてきた。9年前から低周波騒音に悩まされている神奈川県の60代女性は「早く元の生活を取り戻したい」と嘆く。

 異変を感じたのは2011年春ごろ。就寝前に低い音と小刻みな振動を感じた。音源は寝室から約2メートル離れた、隣家の家庭用ヒートポンプ給湯器「エコキュート」だったという。息苦しさやめまい、吐き気が続き、病院では「低周波音による可能性が強く示唆される」と診断された。女性はアパートを借りたり、空き家だった近畿地方の実家に行ったりして、自宅にほとんど戻れなくなった。

 隣家と交渉の末、16年に費用を折半して、湯を作るヒートポンプユニット部分を約10メートル離れた場所に移設してもらったが、吐き気や耳の痛みは治まらなかった。行政に相談したが「民事不…

この記事は有料記事です。

残り2126文字(全文2585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです