メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「病は気から」は本当かも アレルギー症状と気持ちの関係、山梨大など解明

中尾篤人・山梨大教授=本人提供

 前向きな気持ちが花粉症などのアレルギー症状を改善させるという研究結果を、山梨大の中尾篤人教授(アレルギー学)らの研究グループが発表した。ストレスが体調不良につながる知見はあったが、ポジティブな思考が免疫に関係することを示したのは初めてという。古くから言われてきた「病は気から」を証明する科学的根拠の一つとして注目されそうだ。

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、精神的なストレスで症状が悪化することが、経験的・疫学的に知られている。また、薬の臨床試験では「薬が効く」という前向きな感情から、本当は薬ではないものを飲んでも症状が良くなる「プラセボ効果」で効果の判定が難しくなるこ…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです