「病は気から」は本当かも アレルギー症状と気持ちの関係、山梨大など解明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中尾篤人・山梨大教授=本人提供
中尾篤人・山梨大教授=本人提供

 前向きな気持ちが花粉症などのアレルギー症状を改善させるという研究結果を、山梨大の中尾篤人教授(アレルギー学)らの研究グループが発表した。ストレスが体調不良につながる知見はあったが、ポジティブな思考が免疫に関係することを示したのは初めてという。古くから言われてきた「病は気から」を証明する科学的根拠の一つとして注目されそうだ。

「ストレスで悪化」は知られるものの…

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、精神的なストレスで症状が悪化することが、経験的・疫学的に知られている。また、薬の臨床試験では「薬が効く」という前向きな感情から、本当は薬ではないものを飲んでも症状が良くなる「…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文754文字)

あわせて読みたい

注目の特集