メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国で新たに384人感染 計2万2238人に 死者1増、996人

新宿の高層ビル群。中央は東京都庁=東京都新宿区で2020年4月、本社ヘリから吉田航太撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者は11日、全国で新たに384人が確認された。うち13人は空港到着時の検疫で判明した。クルーズ船の乗客乗員らを合わせた国内の感染者数は計2万2238人。神奈川県で70代女性が亡くなり、死者は計996人となった。

 東京都では206人の感染が確認され、200人を超えるのは3日連続。感染者は30代以下が8割弱を占めた。神奈川県は34人となり、緊急事態宣言解除後で最多となった。

国内の新型コロナウイルス感染者(7月11日)

 一方、仙台市が発表した感染者のうち1人について、共同通信社は仙台支社編集部の30代の男性記者と発表した。市役所の記者クラブに所属し、8日にだるさを覚え、10日にPCR検査を受けた。軽症だという。社内の濃厚接触者7人についても検査を行う予定。同社は「保健所などと協力し、感染拡大防止に努める」としている。【まとめ・大島祥平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです