メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

柏崎 珈琲創房 自由人 いい水と豆で「最強」コーヒー /新潟

左手前にある巨大なコーヒーミルが「自由人」の看板だ=新潟県柏崎市東本町1で

 柏崎市のニコニコ通り商店街に、1984年4月に開店した老舗喫茶店。1階は市内初の「自家焙煎(ばいせん)」のコーヒー豆を販売する「フレッシュコーヒーNo1」。2階がそこで焙煎した豆を使ったコーヒーを提供する喫茶「自由人」だ。店名には「誰もが等しく自由に集って語り合える店にしたい」との思いが込められている。

 「いい水といい豆があれば最強。柏崎はその両方に恵まれているから大好きです」。マスターの黒松俊哉さん(60)は言い切る。静岡県出身だが、東京でお茶などを商う会社の先輩だった社長が起業した自由人に通ううちに柏崎が気に入り、東京の会社を退社。89年4月から30年以上、コーヒーを抽出してきた職人だ。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです