メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨 下呂・浸水被害 ボランティア、市民限定で 新型コロナ、感染リスク配慮 /岐阜

浸水被害を受けた岐阜県下呂市内で片付けをする住民ら

 大雨で飛驒川が氾濫し浸水被害が相次いだ下呂市が10日から受け付けを始めたボランティアについて、新型コロナウイルスの感染リスクに配慮して対象を市民に限定し、全国からの募集は見送っている。市社会福祉協議会の担当者は「どんなに人手があっても足りないと住民から聞いているが、感染対策をする余裕はない」と葛藤を打ち明けた。

 同協議会によると、雨の被害があった8日以降、片付け作業を手伝いたいという問い合わせが県内外から多く寄せられた。だが、さまざまな条件を検討した結果、密集を避けるなどの感染防止対策の徹底は難しいと判断し、市外からの受け入れを断念。災害ボランティアセンターも設置しないことにした。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです