メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2周年祝う笑い声 4カ月ぶり昼寄席 神戸・喜楽館 /兵庫

神戸新開地・喜楽館であった開館2周年の特別公演=神戸市兵庫区新開地2で、春増翔太撮影

 神戸市兵庫区の演芸場「神戸新開地・喜楽館」が11日、開館2周年を迎え、記念の特別公演があった。新型コロナウイルスの影響で3月から休業し、昼間の寄席は4カ月ぶり。距離を取るため平時の半分以下の席数での再開だったが、節目を祝う客らの笑い声が響いた。

 桂文枝さんや笑福亭松喬さんら6人が登壇。1人目の露の紫さんは、「ステイホーム」を「ホームステイ」と間違え続けたコロナ禍の小話から入り、古典落語「金明竹」を披露。豊かな表…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに381人感染 300人超5日連続 累計2万人超え 新型コロナ

  2. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  3. 高橋・村元ペア華麗なデュエット 鍵山、坂本も フィギュアNHK杯エキシビション

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです