消防学校で水難事故 プールで訓練中、20代男性溺れ死亡 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 10日午後3時ごろ、山口市鋳銭司(すぜんじ)の県消防学校(大下国忠校長)の25メートルプールで、防府市消防本部所属の20代男性職員が水難救助訓練中に溺れた。心肺停止状態で病院に搬送されたが、11日午前5時過ぎに死亡した。

 県などによると、男性職員は4月に防府市消防本部へ採用。10日は消防士になるための水難救助訓練に臨んで…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集