メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港、民主派予備選に圧力 立法会 政府「国安法違反」

予備選への投票を呼びかける黄之鋒氏(中央)ら予備選に出馬した若者たち=香港東部・観塘駅前で2020年7月11日午前11時22分、福岡静哉撮影

 香港の立法会(議会)議員選(定数70、9月6日投開票)を前に、民主派は11日、候補の共倒れを防ぐ狙いで予備選を始めた。国家安全維持法(国安法)が施行される中、香港政府が「予備選は国安法違反の疑いがある」と威嚇し、10日夜には民主派陣営を家宅捜索した。投票所には行列もできており、民主派は予備選を反転攻勢へと結びつけたい狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです