メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港、民主派予備選に圧力 立法会 政府「国安法違反」

予備選への投票を呼びかける黄之鋒氏(中央)ら予備選に出馬した若者たち=香港東部・観塘駅前で2020年7月11日午前11時22分、福岡静哉撮影

 香港の立法会(議会)議員選(定数70、9月6日投開票)を前に、民主派は11日、候補の共倒れを防ぐ狙いで予備選を始めた。国家安全維持法(国安法)が施行される中、香港政府が「予備選は国安法違反の疑いがある」と威嚇し、10日夜には民主派陣営を家宅捜索した。投票所には行列もできており、民主派は予備選を反転攻勢へと結びつけたい狙いだ。

 民主派は予備選を運営する事務局組織を発足させて、約250カ所に投票所を設置した。投票は12日まで受け付け、13日に結果が判明する見通し。立法会選の有権者は11日、身分証明書を提示し、スマートフォンのアプリを使って1票を投じた。東部・藍田駅そばで投票した香港大4年、梁さん(22)は「政府は圧力を強めているが気にしない。投票権は市民の最も基本的な権利だ」と話す。

 各地で候補者らが街頭演説し投票を呼びかけた。民主活動家の黄之鋒氏(23)は東部の駅前で「予備選は自由と民主主義のために闘うとの市民の信念を示す機会だ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです