メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 1週間 避難8県2909人 熊本283人孤立

全壊した母方の祖母宅跡でがれきの中から写真などを探す片岡士さん(27)。94歳の祖母は1人暮らしだったが、片岡さんの母が被災直前の深夜に車で迎えに行き難を逃れた=熊本県球磨村で2020年7月11日午後6時4分、宮間俊樹撮影

 停滞した梅雨前線による記録的豪雨で1級河川・球磨川が氾濫するなどして、熊本県南部を中心に甚大な被害が広がった九州豪雨は11日で発生から1週間になった。被害は九州・山口全域に及び、11日現在、8県で計2909人が避難生活を送っている。熊本県では道路の寸断などで10集落283人の孤立状態も続く。犠牲者は熊本など九州4県で65人、静岡、愛媛で各1人が確認されている。

 球磨川や支流の氾濫で浸水被害が広がった熊本県内では、人吉市や球磨村など23市町村で計2449人が避難している。避難所では新型コロナウイルスの感染を防ぐため、避難者同士の間隔を空けて定期的に検温するなど対策が取られている。しかし、換気のため窓を開け放した室内は空調が利きにくく、暑さが本格化する季節へ向けて熱中症対策などが課題になっている。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです