メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

レジ袋から見る米政治 強い州権限、憲法が保障=中林美恵子・早稲田大教授

中林美恵子早稲田大教授=東京都千代田区で2020年3月13日、藤井太郎撮影

 今月からプラスチック製レジ袋が有料になった。賛否両論ある中で、本気でレジ袋を減らすには禁止にしないと手ぬるいという声も上がる。世界的に見ればソフトな規制であろう。

 先日、米オハイオ州出身の連邦政府職員からコロナ禍をめぐる政府対応についてこんな話を聞かされた。

「米国人は自宅待機やマスクを強制されたりすると、反発が巻き起こって事態がややこしくなる。日本政府の『お願いベース』に学ぶべきなのだろう」

 新型コロナウイルスの感染者数が世界最悪の米国から見れば、日本政府がソフトな対応ゆえに、かえって国民が奮いたち立派にコロナと闘った。そんな理屈に面食らった。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです