メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

いまこそ人生会議を

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 6月27日から2日間開催された日本在宅医療連合学会大会を取材した。名古屋国際会議場での開催予定だったが、コロナ禍の影響でウェブ形式に。自宅からオンライン会議システム「Zoom(ズーム)」でさまざまなシンポジウムを聞いた。

 「在宅医療から、ふとく、ながく、私らしく生きる未来に向けて発進」が大会テーマ。現場にいる医療者の生の声が聞きたくて、朝から晩まで会場を巡り続けた。「私らしく生きる」ことの難しさを改めて思い知った。

 患者個人の価値観を尊重するのが在宅医療である。どうやって「評価」したらいいのか。医療と介護の情報共有は。地域との連携とは。テーマは多岐にわたるが、今回はやはり、未知の感染症にどう向き合うかが喫緊の課題だった。参加者は「答えのない問い」に直面していた。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです