メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世俗主義の象徴、モスク化に波紋 トルコ・世界遺産アヤソフィア

トルコ・イスタンブールのアヤソフィア=7月1日、共同

 トルコのエルドアン大統領は10日、世界遺産のイスタンブール歴史地区にある代表的な建物で博物館のアヤソフィアをモスク(イスラム教礼拝所)とする大統領令に署名した。

 アヤソフィアはかつてキリスト教東方正教会の総本山だったため、東方正教会のギリシャやロシアなどが博物館としての地位を継続するようトルコに呼びかけており、決定に反発している。

 アヤソフィアはキリスト教の大聖堂として6世紀にビザンツ帝国が建立し、ビザンチン建築の代表例とされる。オスマン帝国が1453年にコンスタンティノープル(現在のイスタンブール)を征服し、モスクとして改装。トルコが共和制に移行後、政教分離を進めたアタチュルク初代大統領の下で無宗教の博物館とされた。イスラム教の尖塔(せんとう)とキリスト教のモザイク画が混在するなど異文化が共存し、トルコの世俗主義を象徴す…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです