メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領「学校を開け」 CDC指針は「困難」 圧力に所長、改定示唆も

演説するトランプ米大統領=米ワシントンのホワイトハウスで2020年7月9日、AP

 トランプ米大統領が、新型コロナウイルスの影響で休校の続く全米の学校について、米疾病対策センター(CDC)の再開指針を「厳しすぎて実現困難だ」と批判している。CDCのトップが指針の改定を示唆する事態へと発展。トランプ氏は休校が経済の足かせになっているとの認識から学校再開の早期実現に躍起だが、指針を変更したCDCには「政権の圧力に科学が屈した」との批判が出ている。

 「ナンセンスな状況を終わらせろ。学校を開け」。トランプ氏は9日のホワイトハウスでの演説で声を荒らげた。米国では幼稚園から高校の大半が休校したままだが、トランプ氏は全米の学校の9月新学期からの再開を連日訴えている。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです