メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

eスポーツをやりたい 高齢でも操作すばやく

シューティングゲームで対戦するさいたま市民シルバーeスポーツ協会の会員=さいたま市浦和区東高砂町で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 eスポーツが「長生きの道具」として、シニア世代で話題になっている。eスポーツとはエレクトロニック(電子)スポーツの略。球技や格闘技などの対戦型コンピューターゲームで競うもので、海外では1990年代後半から若者を中心に普及した。若者だけでなく、シニア世代で人気の理由は何か。盛り上がる現場を訪ねた。

 「やられたー」。「うまいですね」。6月25日、さいたま市内のコミュニティースペースでテレビを囲んだ高齢の男女が盛り上がっていた。飛行機を撃ち落とすゲームに興じている。高齢者や障がい者など幅広い層へのeスポーツの普及を目指す「さいたま市民シルバーeスポーツ協会」の面々だ。協会は2018年に地元の有志で設立。現在は60~70代を中心に約40人が所属し、月に1回ほど集まってシューティングゲームやレーシ…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです