メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

万葉の旅 堺市堺区・渕上経子(無職・76歳)

 コロナ籠もりの整理で万葉学者、犬養孝先生とご一緒した写真が数枚出てきた。結婚までの数年、先生の春秋の万葉の旅に参加した時のものである。飛鳥、吉野、紀の国など万葉の故地で犬養節の朗詠を耳にしながら学ぶ万葉歌は新鮮な驚きに満ちていた。「隠口(こもりく)の泊瀬小国(はつせをくに)によばひせすわが天皇(すめろき)よ」。エッ! 天皇が夜ばい? 農村の妻問婚(つまどいこん)の伝承的な歌であった。あずまうたの東国なまりがなぜか耳に懐かしく響いて……。

 あれから50年ほど、5人の子供を授かった間、いろんなことがあった。家業の行き詰まり、離婚、前後して2人の子供が病気で死に直面。もう1人が世の荒波をまともにかぶり、2年間の引きこもり。そんな時、万葉歌人、山上憶良の「貧窮問答歌」にみる古代庶民の苦しみのさまは、「まだまだ」と私の背を押してくれた。でも今思えば、子供たちの必死にがんばる姿が私の支えであったのだ。まさしく憶良の歌にある「勝れる宝 子に及…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです