メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

妹と暮らしたかった=回答者・高橋源一郎

 夫、息子と3人暮らしで、隣に住む認知症の母の面倒もみています。離婚して東京で独りになった妹に「実家で同居しないか」と誘うと、妹は会社を辞めて戻ってきました。母の人生の最後を家族で一緒ににぎやかに過ごしたかったのですが、妹は「居場所がない」といつも不機嫌でイライラ。結局、東京に戻ってしまいました。一体何が不満だったのでしょうか。(60歳・女性)

 小さいころ、家族解散を繰り返したため、何度か両親の実家で暮らしたことがあります。母の実家は豊かで、そこの人たちはみんな働き者。そして、優しく、親切でした。祖父母はもちろん、叔父・叔母たちも、かわいそうな甥(おい)っ子を、実の子どもたちと同じように、差別せず、大切にしてくれたのです。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです