メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

世界に届けたい=河瀬直美

自粛中に制作した短編作品『Last message』(Netflix 配信中)

 「Homemade」と題して、動画配信サービス「Netflix」が世界の18人の監督たちに依頼した短編作品が配信された。わたしも5月の末にイタリアの制作会社から突然連絡が来て引き受けることにした。コロナ禍にあって家に巣籠もりする時間を余儀なくされた人類が、それぞれの国、それぞれの自宅で何を思い、どんな方法で作品を制作されるのか興味深い。

 この配信からの収益はすべてコロナ禍のために寄付されるという。撮影から編集、完成までほぼ1週間で仕上げた。カメラは家にないのでiPhoneでの撮影だ。95%の作者が自分の携帯端末で制作する。状況や条件は全く同じ。ある意味、比較もされるし、自分らしさも試される。この制作にあたって、わたしは懐かしい感覚を得ていた。

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです