特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

新型コロナ 沖縄米軍、61人感染 情報「封鎖」広がる不安 地位協定、入国拒めず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍普天間飛行場に出入りする米軍関係者の車両=沖縄県宜野湾市で2020年7月9日午後4時、竹内望撮影(画像の一部を加工しています)
米軍普天間飛行場に出入りする米軍関係者の車両=沖縄県宜野湾市で2020年7月9日午後4時、竹内望撮影(画像の一部を加工しています)

 沖縄県は11日、在沖縄米軍からの連絡で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)と米軍キャンプ・ハンセン(金武(きん)町など)で新たに米軍関係者45人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。具体的な人数について米軍は当初公表しないよう求めていたが、県が明らかにした。

 県内の米軍基地では7月に入って感染が相次いで確認されており、7日から11日までの感染者は計61人となった。県は基地内で大規模なクラスター(感染者集団)が発生しているとみて警戒を強めている。

 玉城(たまき)デニー知事は11日夜、在沖縄米軍トップのクラーディ4軍調整官と電話で協議し、普天間飛行場とキャンプ・ハンセンの封鎖や感染者数の公表、米国から沖縄への移動中止などを求めた。クラーディ氏は「普天間飛行場とハンセンについては、ロックダウンを行っている」と説明したという。玉城知事は県庁での記者会見で「衝撃を受けている。県民が一丸となって感染防止に取り組む中、米軍の感染防止対策に強い疑念を抱…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1653文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集