メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

グレース・オブ・ゴッド 告発の時 神父による性的虐待被害 サスペンス抑えて表現

 コンスピラシー・オブ・サイレンスという言葉があります。直訳すれば沈黙の陰謀、不正が行われていると知りながら見て見ぬふりをすることですね。

 カトリック教会の神父、それもひとりではなくたいへんな数の神父が児童に性的虐待を繰り返してきた。この事件は、まさにコンスピラシー・オブ・サイレンスと呼ぶべきでしょう。世界各地の神父がそのような行為を繰り返していたことを知りながら、教会は神父に処分を下すことはなく、配置転換などによってやり過ごしていたからです。そこから新たな性的虐待が生まれてしまいました。

 教会の陰に隠されたこの闇が広く知られるきっかけとなったのは、ボストン・グローブ紙の特別報道班スポットライトによる2002年の告発報道でした。アカデミー作品賞と脚本賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」でご存知(ぞんじ)の方も多いでしょう。同じような事件は世界各地でも起こっていた。今回ご紹介する「グレース・オブ・ゴッド」はフランスにおける性的虐待事件を、まるでドキュメンタリーのように再現し…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです