メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の美 詩書巻 光悦の優れたバランス=島谷弘幸

 この1巻は、白・薄桃・緑青などの淡い彩色でさまざまな木蓮(もくれん)の様子を下絵として描いた絹本に、初唐の詩人王勃(おうぼつ)が滕王閣(とうおうかく)を詠じた七言古詩を筆頭に『唐詩選』から抄出した12篇(へん)を揮毫(きごう)したものである。図版は巻末にあたり、盛唐の詩人高適(こうせき)の賦と「徳友斎光悦書」の署名と花押が付された部分である。これに続けて、本阿弥光悦(1558~1637年)の孫である日允上人による「祖父太虚庵光悦」の真跡に間違いないと極めた奥書が加えられている。

 光悦は近世初期を代表する能書として知られるが、陶芸や漆工芸にも堪能で、当時のアートディレクター的な存在でもあった。日本の伝統的な書法に立脚しながらも、中国・南宋時代の張即之の書法の影響を受けた、個性的で切れ味鋭い筆致で「劉評事が朔方の判官に充てらるるを送りて征馬嘶(せいばせい)を賦し得たり」の題に加えて「征馬向辺州、蕭々/嘶未休、思深常/帯別、声断/為兼秋、岐路風/将遠、関山月/共愁、贈君従/此…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 「香港に自由を」 市民ら200人国会前でデモ 日本政府に適切な対応求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです