メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

要支援の今 入居するならどの施設?

 Q 要支援の今 入居するならどの施設?

 腰や脚の具合が悪く歩行が困難ですが、要支援止まりでなかなか要介護認定を受けられません。現在1人暮らしです。年齢を考慮してそろそろ施設入居かと検討しています。どのような施設がよいでしょうか。(女性、90代)

 A 要介護1以上の認定を受けていれば比較的安価な介護老人保健施設への入居が可能ですが、要支援ですので入居できません。この場合、認知機能に問題がなければサービス付き高齢者住宅(サ高住)と介護付き有料老人ホームが施設選びの選択肢となります。これらは自立時から入居できる点は共通しているものの、要介護度が進行したときに違いが出てくるため注意を要します。

 サ高住の契約方式は賃貸借契約で、居室と安否確認や生活相談など最低限の生活支援サービスのみ契約し、介護や食事提供などのサービスは別途ご自分や家族が手配する必要があります。その半面、居室は広めでキッチンや浴室が付いており、自由度の高い生活が可能です。初期費用は安価ですが、要介護度が進んだ場合は退去が求められ、改めての施設探しが必要です。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです