特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水中で使い捨てマスクとゴム手袋を見つけたダイバー=Opération Mer Propre提供
水中で使い捨てマスクとゴム手袋を見つけたダイバー=Opération Mer Propre提供

 新型コロナウイルスの流行後、欧州では感染対策で市民が使うマスクやゴム手袋などのポイ捨てが問題になり始めた。これらの「コロナごみ」が海に流れ出た例も報告され、海洋生物などへの悪影響も懸念されている。

 フランス南部で沿岸や海中の清掃活動を行っている非営利組織オペラシオン・メール・プロプルは5月下旬、海中に漂う使い捨てマスクやゴム手袋をダイバーが初めて見つけて回収した。市中に捨てられたものが雨などで流れ出たと考えられるという。

 使い捨てマスクに使われる不織布の原料はプラスチックの一種。自然環境では分解されにくい海洋プラスチックごみが世界的な問題になる中、同団体は「『コロナごみ』は環境と健康に大惨事になりかねない」と危機感を強め、「(ごみ対策の観点では)再利用可能なマスクを使うことが望ましい」と訴える。

セーヌ川岸にマスク散乱、景観も悪化

 欧州では従来、マスクは「病人」のイメージや美的観点などから着用を避ける傾向にあった。しかし…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1327文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集