メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル唯一の邦字紙が経営危機 日系1世減少にコロナが追い打ち

ブラジル唯一の邦字紙で、経営危機に陥っているニッケイ新聞の印刷版=2020年7月10日、山本太一撮影

 世界最大の日系社会がある南米ブラジルで唯一の邦字紙「ニッケイ新聞」が経営危機に直面している。かつて購読層の中心だった日系1世が減少し、3月下旬以降は、新型コロナウイルスの影響で、広告収入が打撃を受けている。

 ニッケイ新聞は1998年、邦字2紙が合併し、創刊された。戦前・戦後に日本人計約25万人が移住したブラジルの日系社会は現在、推定190万人に膨れ上がった。一方で、日本語を十分に理解しない日系3、4世が中核を占め、1世は5万人を切ったとされる。長年、しのぎを削ってきたサンパウロ新聞は2019年、1世中心の購読者の減少を理由に廃刊した。唯一の邦字紙となった公称約1万部のニッケイ新聞も厳しい経営状況が続いている。

 そこへコロナ禍が追い打ちをかけた。ニッケイ新聞は、都道府県人会など各日系団体のイベント開催情報を掲載し、広告収入を得てきた。だが、日系団体は3月下旬に導入されたコロナ対策の社会・経済活動の規制でイベントを開けなくなった。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです