写経リモート開催 東大寺監修 JFL奈良クラブ都並選手ら参加

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参加者らと写経に取り組む都並選手=奈良市で2020年7月11日午前11時10分、林みづき撮影
参加者らと写経に取り組む都並選手=奈良市で2020年7月11日午前11時10分、林みづき撮影

 サッカー・JFLの奈良クラブは11日、新型コロナウイルス対策の特別企画「#ならじかんプロジェクト」の一環として、テレビ会議システム「Zoom」を利用し、東大寺監修のオンライン写経イベントを開催した。

 イベントには同クラブの都並(つなみ)優太選手(28)とサポーターら4人が参加。それぞれパソコンを開き、東大寺の上司永照(かみつかさえいしょう)教学執事による解説を視聴した。その後、オンラインでつながった状態で約40分間、奈良…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

あわせて読みたい

注目の特集