メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

八重洲にある昭和の雰囲気を残すホルモン系飲み処。リーズナブルにお酒が飲める♪

情報提供:おとなの週末

モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店(最寄駅:東京駅)

縄暖簾の先にモツ料理の美味が待つヤエチカの繁盛店

旨さは鮮度と完璧な下処理の賜物だ。洗い、掃除、ボイル、カットを徹底管理して行い、焼き物は手で丁寧に串打ち。ひと塗りする油もハラミはニンニク油、ナンコツは大葉油など部位で変え個性を引き出している。モツ鍋に至ってはぷるぷるっとトロけるようなマルチョウの旨みに卒倒確実! しかも値段は庶民の味方。ああ、今日も縄暖簾が呼ぶのです。

もつ鍋 醤油(二人前)

2790円 e8962f8b9f828e4737bd862abf67f583 じゅわっと甘みが口中に広がる国産マルチョウがたっぷり。野菜はニラ、キャベツ、ゴボウ。アゴ(トビウオ)ダシに醤油で味を調える程度で、後は食材の旨みだけ。なのに驚くほど奥深い

上たん刺、もつ焼き

580円、1本150円~ 5f7f5b3cedb76418c777edce51c0b126 柔らかい豚タン元を使う人気の「上たん刺」は低温調理で食感を残しつつ火入れ。もつ焼きはおまかせでも注文できる。写真は「しろ」や「がつ」など。希少な「のどぶえ」は1串で豚二頭分の喉ナンコツを使う。人気の部位は売り切れ御免

どて煮込み

660円 5f2f14285cbf47851735ef58d8cb337b 店内の大鍋で煮込んでいる八丁味噌ベースの煮込み。「しろ」「てっぽう」「はちのす」などが入り、コクのある甘み。オープンから継ぎ足しで守る味だ

お店からの一言

e36d07260b38a4fc5560850f0fc2b992 店長 峰岸可菜子さん 「八重洲店だけの季節メニューもあります」

もつ焼き 煮込み 三六 八重洲店の店舗情報

7f659bf7494b1b3e03c3af79acf29fb4 [住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下1番通り [TEL]03-3243-0369 [営業時間]11時~22時半(ランチは15時まで、21時45分LO)※ランチタイム有 [休日]1月1日 [席]カウンターあり、全43席/喫煙可(ランチは禁煙)/夜は予約可/カード可/サなし [交通アクセス]八重洲地下中央口改札から徒歩5分※『三六』の値段は税抜きです

電話番号 03-3243-0369
撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々 2019年1月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】三六・別邸(もつ鍋/赤坂見附)|アゴダシベースの「もつ鍋」醤油味は旨みが口中で爆発

栄司(もつ鍋/東京駅)|数量限定、売り切れ注意!心が躍るとんテキ定食

京もつ鍋 亀八(もつ鍋/浅草)|冬場は予約で満席!京都のもつ鍋人気店が東京に進出

〆のちゃんぽん発祥!天神で愛されるもつ鍋|もつ鍋専門店 楽天地 本店(もつ鍋/天神)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです