メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

インタビューに答える東京都医師会・尾崎治夫会長=東京都千代田区で6月25日、宮本明登撮影

 緊急事態宣言の解除から2カ月近く、やっと日常を取り戻した。そう思っていたら再びウイルスが忍び寄ってきた。東京都内の新型コロナウイルスの新たな感染者が12日には4日連続で200人を超え、このまま感染者が増え続けたら、医療体制はどうなるのかと不安も募る。東京都政にも太いパイプを持つキーマンの一人、東京都医師会の尾崎治夫会長(68)を直撃した。

 東京都千代田区の都医師会館。7階の会長室を訪れるのはおよそ2週間ぶりだ。テレビでおなじみのちょびひげはマスクで隠れていた。傍らには犬型ロボット「aibo(アイボ)」が控えている。アイボは尾崎さんがフェイスブックに投稿する際のよき相棒だ。<東京都医師会長から都民の方にお願い>と題し、アイボが撮影した写真を添えて投稿したのは3月26日のこと。<アイボが撮った写真です。……こうした平和が、あと2、3週…

この記事は有料記事です。

残り2570文字(全文2941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです