連載

犬が西向きゃ

国際報道に優れたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞した、高尾具成編集委員のコラム。

連載一覧

犬が西向きゃ

記憶に残る原爆の「味」=高尾具成

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 75年前の8月6日、広島に原子爆弾を投下した米爆撃機「エノラ・ゲイ」は3日後の9日、長崎への原爆投下にも関わっている。第1投下目標地点だった福岡・小倉の天候観測を行ったのだ。

 両被爆地を直線で結ぶと約300キロ。中間点(ともに直線距離で約150キロ)にあたる場所に福岡県上毛町(こうげまち)がある。町では昨年9月、国連が定める国際平和デーにあわせて「広島・長崎爆心地中間点上毛町平和宣言」を発信し、恒久平和や核廃絶を願った。

 7歳で広島原爆に遭い、姉ら親族を亡くした広島東南ロータリークラブ(RC)所属の建築家、錦織亮雄さん=広島市=がRC設立60周年記念に企画し、上毛町に打診、長崎南RCの賛同も得るなどして実現した。町の大池公園には広島、長崎両市からの被爆樹木の苗木も植樹され、式典に参列した両被爆地市長に町民らが折った3500羽ずつの千羽鶴が手渡された。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文978文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集