メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨で4000億円超支援 首相がとりまとめ指示 対策本部会合

安倍晋三首相

[PR]

 安倍晋三首相は13日、首相官邸で開いた非常災害対策本部の会合で、熊本県南部を中心に甚大な被害をもたらした九州豪雨の被災地支援に向け、災害復旧予算と予備費を合わせた4000億円超の財源を活用した対策パッケージを7月中にまとめるよう関係閣僚らに指示した。また、14日の閣議で特定非常災害特別措置法に基づく「特定非常災害」に指定し、予備費の一部支出を決定すると明らかにした。

 首相はこれに先立ち同県の被災地を視察しており、「仮設住宅の建設をはじめ、住まいの確保や廃棄物土砂の処理、農林漁業者、中小・小規模事業者の事業再開に向け、一刻も早く手を打たなければならない」と述べ、生活と生業の再建支援に向けた対策の取りまとめを指示した。

 特定非常災害に指定されれば、被災者は運転免許証の有効期間延長などの特例措置を受けられるようになる。【佐野格】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです