メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲・枝野氏、目玉政策打ち出し苦慮 次期衆院選 「抽象論」党内からも不満

立憲民主党の枝野幸男代表=川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表が、次期衆院選に向けた目玉政策の打ち出しに苦慮している。5月末に「政権構想の私案」として、所得再分配機能を強化する「機能する政府」を発表したが、党内からは「抽象論に過ぎず、有権者へのアピールに欠ける」との不満が上がった。野党には安倍政権に独自政策を取り込まれてきたトラウマもある。政権に対し、明確な対立軸を見いだせるのか――。

 「自己責任を強調する社会を『互いに支え合う社会』に変えなければならない」。枝野氏は6日、衆院選をにらんだ全国行脚の第1弾として訪れた高知市での党会合で、自身の政権構想を説明した。新型コロナウイルス対応を巡り、日本の「小さすぎる行政」の弊害が浮き彫りになったとして、「機能する政府」への転換も訴えた。枝野氏によると、出席者から「いい政策を出してもらった。自信をもって、これに基づく政権構想を打ち出してほしい」と激励を受けたという。立憲政調などは「枝野私案」をもとに政策の具体化を急ぐ方針だ。

 立憲はもともと所得再分配機能を強化する「大きな政府」を視野に入れていた。ただ「大きな政府」は公務員優遇を想起しやすく、前面に掲げづらかった。転機となったのは、新型コロナウイルスの感染拡大だ。格差問題が表面化したことで、立憲関係者は「今なら『政府の機能強化』に対し、有権者の支持を得られると考えた」と説明する。

 だが、「枝野私案」に対する党内の評価は芳しくなかった。私案は…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです