メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米強襲揚陸艦で火災21人負傷 サンディエゴの海軍基地、爆発も

 白煙を上げる強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」(奥)=12日、サンディエゴ(AP=共同)

[PR]

 米西部カリフォルニア州サンディエゴの海軍基地に停泊していた強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」で12日、爆発を伴う火災があり、乗組員ら21人が負傷し病院で手当てを受けた。米海軍と地元消防当局が明らかにした。負傷者はいずれも命に別条はないとしている。

 米メディアは、艦船から灰色の煙が激しく立ち上り、船艇が海上から放水して消火に当たる様子を映像で伝えた。当時は約160人が乗っており、全員下船して所在が確認されているという。当局が、爆発や火災が起きた詳しい原因を調べる。ボノム・リシャールは定期の点検・補修作業中だったという。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです