メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア越境支援の規模削減 安保理決議 欧米側、露に屈する

 国連安全保障理事会は11日、内戦下のシリアに同国政府の許可なしで人道支援物資を隣国から越境搬入する事業について「トルコとの国境1カ所からの搬入を1年間継続」としたドイツとベルギー提出の決議案を賛成多数で採択した。2カ所からの搬入を主張していた欧米側は、支援削減を求め拒否権行使を繰り返したロシアに屈した形だ。

 常任理事国のロシアと中国は今回、拒否権行使を見送った。10日いっぱいで失効した支援事業は再開する見通しだが、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、支援物資の不足が懸念される。

 国連によると、反体制派が最終拠点とするシリア北西部では、越境搬入される支援物資に…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです