メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からくり人形38体勢ぞろい 江戸時代から続く技も実演 愛知・犬山にミュージアム

IMASEN犬山からくりミュージアムの外観=愛知県犬山市で2020年7月10日午後2時8分、山田泰生撮影

 国宝犬山城の城下町として知られる愛知県犬山市に6月、からくり人形を集めた「IMASEN犬山からくりミュージアム」が開館した。充実したコレクションを誇り、からくり人形師の九代玉屋庄兵衛さん(66)による実演や制作風景も楽しめる。

 市内では毎年4月に犬山祭が行われ、例年50万人の人出でにぎわう。からくり人形を乗せた「車山(やま)」と呼ばれる山車13台が引きそろえられ、針綱神社にからくりを奉納する。この車山行事は2016年、京都祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行など国内32の行事とともに国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録され…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです