メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火球の破片、千葉で発見 「習志野隕石」、学会へ登録申請へ

千葉県習志野市で見つかった火球の一部とみられる隕石。物差しの単位はミリ=国立科学博物館提供

 2日午前2時32分ごろ、関東などの上空を西から東へ流れる「火球」(強く光る大きな流れ星)が目撃され、その破片とみられる隕石(いんせき)が千葉県習志野市で見つかった。国立科学博物館(東京都台東区)が13日、発表した。「習志野隕石」として、国際隕石学会に名称の登録を申請するという。

 科学博物館によると、火球が目撃されたのと同じ頃、習志野市の女性がマンション2階の自宅で「ガーン」という大きな音を聞いた。朝になって、女性が玄関前の共用廊下に石の破片があることを発見。4日にも、共用廊下の下にある中庭で二つ目の破片を見つけ、科学博物館が調べていた。

 隕石に詳しい科学博物館の米田成一・理化学グループ長によると、破片はそれぞれ重さ63グラムと70グラム。二つは割れ目がきれいに合わさり、二つ合わせた時の幅は約5センチだった。いずれも放射性物質のマンガン52などが検出されたことから隕石と確認した。マンガン52は、宇宙空間で浴びた放射線「宇宙線」により生じ、放射能の強さが半分になるまでの時間「半減期」は約5・5日。他にも破片が別の場所に落下している可…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです